八尾市のお客様宅に外壁塗装の現場調査に行ってまいりました。

本日は八尾市のお客様宅に現場調査してきました。塗り替え等特にした事がなかったらしくご近所の方々が外壁塗装されているの見て家もしてみようと思われたみたいでした。

家塗装

そんなに状態も目立って悪いというわけでは無いですが築年数からも外壁塗装はやっておくべきでしたので塗装工事を今されているとこの先も安心して良い状態で済んでいただけます。新築の家でも築15年程経つと外壁塗装工事をする時期と言っていいでしょう。見た感じはキレイな外壁に見える家も手で外壁を触って手に塗料がついたりするとそれは外壁が水をはじく力が弱まっているサインです。それをチョーキングと言います。

雨戸

雨戸の枠の部分も塗装できます。逆に窓枠の方は素材がアルミ・ステンレス製の物が多く基本塗装できない物が多いです。他にも玄関のドアや門扉、カーポート等も塗装できないです。他にも室外機等焼付塗装をしている物も塗装出来ないんです。塗装してもすぐに塗装が剥げてしまう為です。

 

家塗装

こちらの窓の柵も素材が塗装の出来ないものです。アルミ・ステンレス製品、焼付塗装製品は塗装しない物です。

 

家塗装

外壁塗装する時にはついでに雨樋や雨戸も一緒に塗装するのがお勧めです。外壁のみ塗装するとどうしても塗装していない部分が目立ってしまうのが一つと塗装する事により防水性がつき耐久性もつく事からオススメしています。